マンション管理会社の違い|特徴を把握しよう

家賃債務保証を利用する

婦人

家賃債務保証とは、お部屋を借りる際に必要となる連帯保証人を個人に変わって、業者が家賃など債務を引き受けてくれるシステムとなります。この家賃債務保証を利用することで、住み替えの際のストレスを緩和し、スムーズな入居促進の手伝いになるでしょう。また、家賃債務保証を利用するメリットとして、貸借人からの入金の有無にかかわらずに家賃を保証してくれるので、家賃滞納トラブルが発生した場合でも安定した家賃収入を得ることが出来ます。また、家賃滞納に関するトラブルは全て業者が代わりに行なってくれるので、オーナーは特に干渉しなくて済むこともメリットになります。加えて、連帯保証人がいなくて入居を断っていた人でもこの家賃債務保証があれば、入居が可能になるので入居率の向上にもなります。

この家賃債務保証を利用するときは、業者がちゃんと適正な業務を行なっているかどうかをチェックしましょう。もし家賃滞納が発生した場合、オーナーは業者からの立替払いによって家賃収入を得ることが出来ますが、業者側は入居者から家賃を回収しないと損してしまいます。そのため、入居者に対して支払いの督促を行なっていくのですが、業者の中には強引に家に押しかけたり、悪質な取り立てをしたり、高額な延滞金が発生するところもあります。対応している家賃を回収する行為は悪くないのですが、業者側があまりにもひどい対応で取り立てをしていると物件自体の評判が悪くなって、他の入居者が退室してしまうケースもあります。そのため、このようなリスクを回避するためにも違法な取り立てを行なっていない業者を選ぶことが重要です。