マンション管理会社の違い|特徴を把握しよう

家賃保証サービスとは

積み木

不動産投資を行なう上で、空室リスクは出来るだけ避けたい問題でもあります。そうした中で、家賃保証と呼ばれるサービスを提供している業者が存在します。家賃保証は一定の保証料を支払うことで、空室リスクはすべて業者が被るという契約になっています。こうやってみると非常に魅力的に感じる家賃保証契約ですが、契約を行なう前に知ってほしいリスクを見てみましょう。

いわゆる家賃保証とは、サブリース契約や一括借り上げ契約など呼ばれることがある不動産投資にてオーナーと管理会社が行う契約になります。オーナーが持っている不動産を保証会社が自己の名義で借り入れを行ないます。そして、家賃保証サービスが付いている場合はその不動産物件が空室だろうと入居者がいても関係なく、一定の賃料をオーナーに支払います。オーナーから見たら、手数料を支払うことで収入を安定させることが出来るのが大きなメリットと言えるでしょう。メリットがある分リスクもあります。この家賃保証の最大のリスクは保証会社の倒産リスクとなっており、家賃保証をしてくれる会社が経営的に問題ないかをちゃんと見極める必要があります。家賃保証を行なっている会社が倒産した場合、家賃保証がされなくなってしまうとの問題だけでなくて、オーナー側と入居者に色々なデメリットが生まれてしまいます。信用リスクとも呼ばれていますが、最近では不動産投資の中でも特に注目を集めている問題です。そのようなことが発生しないためにも、便利な家賃保証契約を行なう場合は、慎重に会社を選びましょう。