マンション管理会社の違い|特徴を把握しよう

積み木

家賃保証サービスとは

不動産投資をしているオーナーにとって家賃保証差サービスは、業者が空室でも賃料を支払ってくれるので空室リスクを解消してくれて一定の収入を得ることが出来る魅力的なサービスです。このサービスを利用する前によくあるリスクを確認しておきましょう。

デベロッパー系と独立系

集合住宅

マンション管理会社の新規委託や見直しを考えている人が業者を選ぶ際に検討すべき点は、独立系かデベロッパー系の2択になるでしょう。大手のデベロッパーのマンションですと最初に紹介されるのはそのグループ企業のデベロッパー系マンション管理会社になります。その一方で、独立系はマンション管理業務に特化した専門会社になっており、欧亜会社からの紹介ではなくて独自の営業力で管理業務を委託している特徴があります。このデベロッパー系と独立系のマンション管理会社の違いを把握して、業者選びの参考にしましょう。

まずデベロッパー系ですが、系列会社が建築を行なっているので建物の詳細情報を入手しやすい点を持っています。あわせて、大手なので経営基盤がしっかりしており、大規模のマンション管理が得意でしょう。しかしながら、新築段階から管理会社が定まっているので、いざというときに管理会社を変更しにくいデメリットを持ち合わせています。次に独立系ですが、コストの面でみるとデベロッパー系よりは費用を抑えることが出来ます。また、しがらみがない分、公平な立場でちゃんとした対応をしてもらえて、小・中規模マンションを得意としています。なお、コストを優先しすぎるあまりにサービスの品質に影響することもあるので、注意が必要です。この2つのマンション管理会社を見てみると、不動産オーナーや組合理事、入居者の人にはデベロッパー系の知名度に安心感を覚えがちですが、コスト削減や効率化、柔軟で真摯に対応してくれるといったサービスの質を重点に置きたい場合は、独立系がおすすめでしょう。

メンズ

収益物件を把握する

不動産投資をしていく上で、収益物件についてはちゃんと把握しておくことが大事です。安定した利益を賢く得るためには、収益物件のメリットと選ぶポイントを確認しておきましょう。

婦人

家賃債務保証を利用する

家賃債務保証とは、部屋を借りる時に必要になる連帯保証人を個人に変わって業者が家賃債務などを引き受けるサービスです。このシステムを利用するときは、適正な業務を行なっている業者にお願いすることが良いでしょう。